17c868fea4f01bac2737a26b991d4be5

あけましておめでとうございます。

2019年も松浦興業 測量部 図面班をよろしくお願い致します。

batch-Process01

今回は知らないと損?
知ってたらすご~く得する
PhotoScanの便利機能を紹介です。

PhotoScanは
Aの次はB
Bの次はC
Cの次はDと
一連で処理させる事が可能です。


ワークフローのバッチ処理へ

追加で
ジョブタイプを一覧から選択します。
適用先はチャンクを分けてなければ全てへ

私は
①写真のアライメント
②マーカー検出
までのパッチと
マーカーに座標値を与え精度が確定後に
①高密度クラウド構築
②メッシュ構築
③テクスチャー構築
④オルソモザイク構築
とパッチ処理を2段階に分けて処理させてます。

マーカーに座標値を与えるのを最後にする場合は
①写真のアライメント
②高密度クラウド構築
③メッシュ構築
④テクスチャー構築
最後に
⑤マーカー検出
までのパッチ処理を行う事が可能です。
ただし、精度に自信がある場合のみです。

batch-Process02

途中でWindowsの更新や停電
もしくはデータの不具合等で処理が止まった場合に備えて
各行程毎に上書き保存が可能です。
(パソコンの管理者と相談して、バッチ処理中はLANケーブルを外す、Wi-FiをOFFにする事をお勧めします。)

batch-Process03

好みのバッチ処理を保存して
毎回使う事が可能です。

batch-Process04

会社から帰る前にパッチ処理を開始
寝る前にパッチ処理を開始

出勤すると処理が完了
朝起きると処理が完了

どうです
PhotoScanの処理待ち(子守)から開放されたでしょ!

まだまだ続きます。